自分に似合うファッションを~おしゃれ番長になろう~

似合う服を

30代女性のファッションとは。

昔は、20代も半ばを過ぎると、見た目も中身も落ち着かなければ。という考えが主流だったように思いますが、 今はそのような考えは過去のもの。 30代女性は変わらず若々しく、変わらず元気です。 見た目は20代で通用する人も多くいます。 いつまでも完璧に若く、美しくいられたらそれに越したことはありませんが、 なかなかそれは難しいでしょう。 そして若さにしがみついた結果、40代の声を聞く頃になると 急に実年齢と気持ちのギャップに苦しむことになりかねません。 30代は若くて綺麗で、しかし同時に年齢も受け入れつつ大人の女性に移行する期間。 そのように捉えて年齢を楽しむようにすると、もっと人生が輝いてくることでしょう。 ファッションは最も手軽に年齢を楽しめる手段です。 さらにファッションこそ、その人の内面を表現する手段でしょう。

自分が心地良い、それが全て。

それでは具体的に、30代女性の「らしい」「ふさわしい」ファッションとはどのようなものでしょうか。 その人「らしい」ファッションとは、 心から<心地良い>と思えるファッションのことでしょう。 着ていて本当に<心地良い>服は、着続けるとその人そのものとなります。 それは、心からその服が好きだからです。 その服が好きだというのが、身体全体で表現され、服がその人「らしく」なります。 「ふさわしい」ファッションというのは、その<心地良さ>についてきます。 というのも人生経験を積んで30代にもなっていれば、 例えばクラシックのコンサートに行く時に、革ジャンと鼻ピアスにゴスメイクでは心地が悪いと思うようになるでしょうし、 鎌倉を一日中お散歩しようという時に、ヒールの靴では心地が悪いからスニーカーにしようと思うでしょう。 場面、場所ごとに<心地良い>恰好を選ぶセンス、それが身についていると思います。 つまり、心地が良ければそれがおのずとその場や、その人に「ふさわしい」ファッションとなるわけです。 着たいものを着てかまいません。 それが本当に<心地良い>と思えるものならば、 30代女性らしく、ふさわしいファッションなのです。